arimahamaの日記

アメバから引っ越しました。

オートファジー949日目と読書三昧

2024/4/18木曜日

6時に起床し洗濯と朝食、昼食作り。

ベランダでの水やりを済ませたら、米麹作り。

 

発酵機の温度設定を最低の25度にしていたからか品温は35度。

設定を31度に上げる事に。

2つの麹蓋に分けたら再び発酵機へ。

 

やることやったら図書館へ。

返却期限が来た本を返し、予約した本10数冊を受け取り。

 

帰宅後、早速読書。

まずは西郷隆盛本。

副島隆彦著「真実の西郷隆盛

この方、島津斉彬公が生存中はめっちゃ好印象だった。

が、2度の遠流から赦免され藩政に復帰した頃から悪くなった。

恐らく、英外交官のアーネスト・サトウや英公使パークスと関わりを持った辺りからだと思われる。

この人が大活躍したおかげで倒幕が実現。

一体何があったん?と興味津々ですわ。

ちなみにパークスとは公式に2度会っている。

一度目は1866年6月28日にパークスが鹿児島に来た時。

この時西郷はパークスに「天皇と将軍という王が2人いる状態は外国に対して恥ずかしい」と述べたそうだ。

本当にこげな事言ったのかね?

日本人なら共存している事を何らおかしいと感じないで。

既に平安時代に朝廷による政治はどうしようもない、と見切りを付けている。

征夷大将軍が政治を仕切っていたからこそ元寇も乗り切れたんよ。

そして、パークスとの二度目の会見は1868年3月28日。

実はこの2週間前の3/13に西郷は江戸総攻撃となれば多数の死傷者が出るので横浜の英軍病院を収容施設として借り受けたい、と使者を送っている。

それに対しパークスは「拒否する。慶喜は恭順の意を示しているのだから攻撃には反対だ。これは万国公法(国際法)にかなったものだ」と返答。

この頃はDSも国際法を遵守していたのな。

これを受け西郷は3/14に江戸城総攻撃を中止している。

昨日の今日だで。

西郷こそパークスに恭順や。

そして、西郷は戊辰戦争勝利後、何故か鹿児島に帰っている。

で、自分等が仕掛けた下剋上の戦いの尻拭いが待っていた。

西郷は藩主の島津忠義より上の正三位を叙勲。

忠義は従三位

忠義の父の久光激怒ですわ。

更に1871年7月には廃藩置県、8月には断髪と廃刀令

藩主のみならず士族にも大きなショックを与え、各地で反乱が起き始めた。

新政府が発足したばかりで大変な中、岩倉や大久保らはヨーロッパ視察旅行に2年間も行っちゃったんよ。

全ての尻拭いを西郷に任せて。

続きは午後に。

 

12時に昨夜以来の食事。

お腹が満たされたら午後も読書。

 

あっという間に明治六年の政変まで来た。

驚いたのは征韓論を熱く唱えていたのは西郷ではなく板垣退助だったということ。

以前読んだ本でも、西郷はどちらかというと、朝鮮半島に話し合い、説得に赴く、という心積もりだったと記憶している。

兎に角、西郷を孤立させ、大久保と対立させ死に追いやりたかったんだろうね。

全てを知る西郷を。

イギリスのフリーメイソン連中が。

その時は隠蔽出来ても今、バレてますわ。

 

15時から蓬餅作り。

甘さ控えめなので、ヤロー共にも大好評だった。

 

16時から入浴。

17時半から夕食作り。

油淋鶏、コンソメスープ、エビサラダ、チーズonクラッカー、残り物のぶりあら煮、ウォッカ梅酒ロック。

初めて作った油淋鶏は大好評だった。

お皿は長男が洗ってくれた。

おりがたく、読書の続き。

お陰様で「真実の西郷隆盛」を読了。

このあと伊牟田比呂多著「幕府挑発〜江戸薩摩藩邸浪士隊」を読むことに。

 

歩数計は5832。

充実した一日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オートファジー948日目と畑

2024/4/17水曜日

5時に起床し洗濯と朝食、昼食作り。

ベランダガーデニングを済ませたら9時に畑へ。

 

種まきをしたらさやえんどうを収穫。

気温がみるみる上昇。

11時に畑を後に。

買い物をしてから帰宅。

買ってきた物を冷蔵庫に収納したら米麹作りの準備。

 

中華麹を作ろうとしたら、米麹のストックが無い事が発覚。

昨夜から米を浸水させていた。

鍋に水切りした米をセット。

蒸している間に発酵機やパイレン布等を準備。

すると、いつの間にか12時を過ぎたらしく、病気療養中の夫が食事を催促に来た。

彼もオートファジーをしているから朝食無し。

お腹ペコペコよ。

急いで、ナポリタンスパゲッティを配膳。

自分は、「種切り」を済ませてから食事。

ご飯と味噌汁、納豆メインでお腹を満たした。

 

午後は読書。

立見尚文本。

一昨日から読んでいるが驚いた事があった。

桑名藩士出身で旧幕府軍だが戊辰戦争西南戦争での活躍によりどんどん昇進。

明治政府の重鎮にも目を掛けられ、小松宮彰仁親王の覚えも良く川上操六と共に欧州視察に出向いている。

それを知ってから、自分の警戒心は高まった。

何せ、小松宮彰仁親王と言えば英国ビクトリア女王の寵臣。

何でも、ビクトリア女王はソロモン王を敬慕。

女王によると、小松宮彰仁親王はそのソロモン王に似ているのだそう。

それで、親王は女王の住まいの宮殿への出入りはフリーパスに。

そして、女王から贈られたネクタイを生涯大事にしたそうだ。

女王は彼を日本の傀儡天皇に、と希望した、とも言われている。

皇族でありながら日本陸軍の要職にあり、この著書によると、川上や立見と共にこれからの日本軍のあり方について話し合っている。

親王は睦仁親王を暗殺した人、とX(元Twitter)でもツイートされていたりする。

が、この本を読む限り、めっちゃ賢くてそのような暴挙をする人には思えない。

自分は日本が英国にどのように蝕まれていったのかを知りたくて調べている。

このあとも注意深く読むことに。

 

17時から夕食作り。

鮭&ししゃも、焼き芋、玄米ご飯、なめこの味噌汁、豆腐ステーキ、ジャガイカ、新玉サラダ、ウォッカ梅酒ロック 

今日も玉ねぎを2個収穫。

サラダで美味しく堪能した。

後片付けを済ませたら営業終了。

読書の続きをする事に。

 

歩数計は10521。

充実した一日だった。

 

 

 

 

 

 

オートファジー947日目とフットサル教室

2024/4/15月曜日

6時に起床し洗濯と朝食、昼食作り。

洗濯物を干すついでにベランダガーデニング。

水やりをしたあと葉物を収穫。

9時半に自転車でフットサルへ。

 

コーチ1名男子1名女子5名が参加。

11時までアップ練習。

十分に体が温まったら3対3のゲーム。

途中1名が早退。

コーチが入っての3対3に。

その後、1名が負傷離脱。

コーチが入ったままの3対2。

ボールもジャンケンもコントロールされているのがわかる。

つまらないけれど、近頃は健康増進、体力増進の為に来ている、と割り切ってプレー。

12時まで楽しんだ。

 

スーパーで買い物をしてから帰宅。

行きも帰りも道路工事で行く手を阻まれる。

先週もそう。

アップとクーリングダウンに貢献してくれている、と切り替え。

相手は三千年の、もしかしたらそれ以上の歴史を持つ嫌がらせのスペシャリスト。

うちに常駐の悪魔くんも含めその引き出しの多さに感服。

笑顔でリアクションするよう心掛けている。

 

13時に昨夜以来の食事。

お腹が満たされたら、最新情報のチェック。

14時から読書と調べ物。

昨日に引き続き立見尚文本。

 

この方、戊辰戦争では若干23歳ながら「雷神隊」の隊長としてその名を轟かせた。

北越の長岡城近くの朝日山に陣を布き敵の大将時山直八を討ち取り官軍を苦しめている。

共に北越で戦っていた山縣有朋の引きで一夜にして司法省裁判官から陸軍少佐に配置転換。

西南戦争では最終決戦に参加。

勝利に貢献した。

 

16時から入浴。

17時から夕食作り。

筍ご飯、竹の子の味噌汁、ぶりあら煮、人参ドレッシング、ウォッカ梅酒ロック、よもぎクッキー。

食後も読書と調べ物を楽しむことに。

 

歩数計は12409。

充実した一日だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オートファジー946日目と畑

2024/4/15月曜日

4時半に目覚め最新情報をチェック。

5時から洗濯と朝食、昼食、納豆作り。

8時に畑へ。

 

去年の12月に植えたレタスや小松菜、ブロッコリーは収穫も終わったので引っこ抜き。

次の作物を植える為に、土を耕し、苦土石灰を施す事に。

予めリトマス紙を持参しph値を調べてから撒いた。

夫が頑張ってくれた。

気温はみるみる上昇。

全身汗だくになっていた。

そして、手に豆が出来て、潰れてしまっまので自分と交代。

良い汗を掻いた。

11時に帰宅後、総着替。

最新情報をチェックしていると昼食の時間に。

 

12時に昨夜以来の食事。

ヤロー共にはうどんを調理した。

午後は読書。

 

柘植久慶著「常勝将軍立見尚文 上」を読み始めた。

めっちゃ読みやすい。

この方、幕末に生まれ、戊辰戦争の時は20代。

その後、日露戦争まで経験している。

この方の伝記を読めば幕末から明治維新に掛けて何が起きていたのか。

それこそ、蛤御門の変から、第一次長州征伐や第二次長州征伐など長州藩が暴れている様子もわかる。

 

今、高知の裁判官時代に明日から軍隊に所属するよう辞令を言い渡される場面に来た。

この続きは明日読むことに。

 

17時から夕食作り。

 

鮭、焼き芋、鶏ハム、生ハムサラダ、ウォッカ梅酒ロック。

レタスと玉ねぎは自家製。

新鮮でめっちゃ美味しかった。

後片付けを済ませたら営業終了。

調べ物をしてから寝ることに。

 

歩数計は9117。

充実した一日だった。

オートファジー945日目とOさんテニス

2024/4/14日曜日

5時半に起床し洗濯と朝食、昼食作り。し。

 

やることやったら最新情報のチェック。

イランがイスラエルに対し報復したらしい。 

その次に読書。

11時まで楽しんだ。

12時にテニスへ出発。

13時に到着。

男子3名女子1名が参加。

ミニラリー、ボレー&ボレー、ボレー対ストロークと練習したあと、4ゲーム先取セミアドの試合をスタート。

16時半まで楽しんだ。

 

17時半に帰宅後、まずはお風呂。

18時半から夕食作り。

中華鍋、玄米ご飯、ウォッカ梅酒ロック、

良く呑み良く食べた。

食後は暫し団欒。

そして、ブログを編集しようとすると物凄い眠れ眠れ攻撃。

覚醒した時には23時を回っていた。

このあと、最新情報をチェックすることに。

 

歩数計は16450。

充実した一日だった。

 

オートファジー944日目と親族の集まり

2024/4/13土曜日

5時半に目覚め、最新情報をチェック。

6時から洗濯と朝食、昼食作り。

8時半から読書。

 

戊辰戦争本。

小山戦争や宇都宮戦争について読んだ。

諸藩が新政府軍に恭順する事に決めても藩内には旧幕府軍に従軍したい、という者も多数いたりして、その者達が〇〇隊を結成。

大鳥圭介土方歳三率いる旧幕府軍に馳せ参じていた。

だって、新政府軍の総裁て有栖川宮熾仁親王だけど、つまるところ、朝廷なわけよ。

朝廷が外国からの侵略に対して無力なのは元寇でみんな思い知ってただろうに。

威張れるのは国内限定よ。

なのに、岩倉具視が操っている15歳の明治天皇によって為された王政復古の大号令を、慶喜追討令をそのまま信じた、と。

幼帝を天皇にするなど藤原氏がやり出したこと。

藤原氏の好きなよーにまつりごとができるから。

古代、天皇は壮年になってからでないと即位出来なかったんよ。

壮年の皇族の中から選んでたんよ。

そうしないと真っ当な政治が出来ないから。

 

で、新政府軍の武力は薩長軍、、、、。

今さら戦国時代のやり直し?

太平の江戸時代のあとで?

てか、薩摩藩フリーメイソンに利用されるだけ利用され、西南戦争でポイ!されたし。

あ、大久保利通の子孫だけ権力の中枢に残ってるね。

100年後も生きている人は稀なのかもしれないけど、100年後も胸を張れるような生き方したいわな。

で、わいはこれからも戊辰戦争で義に生きた人々を発掘していきますわ。

 

13時50分に狭山に向けて出発。

親戚の集まりに向かうことに。

が、ここでアクシデント。

14時に花屋で花束を受け取る予定が花屋が閉まっていた。

20分待ったところで花屋が来て花束を受け取り一路狭山市へ。

途中、親族を狭山駅でピックアップ。

会食開始時間3分前に到着した。

9名で会食。

18時過ぎに二次会会場へ移動。

21時に解散した。

22時に帰宅後、ウォッカ梅酒ロック。

自分は運転手役だったのでずっと飲めなかった。

ま、幹事だからしゃーない。

今日の食事は16時からの会食のみ。

そこは妥協する事に。

妻として、嫁としての務めも果たしたし。

このあと、読書を楽しむことに。

 

歩数計は5646。

充実した一日だった。

 

 

 

 

 

オートファジー943日目

2024/4/12金曜日

6時に起床し洗濯と朝食、昼食作り。

7時45分に畑へ。

先週植え付けたじゃがいもの種芋9個からは次々と芽が。

が、一ヶ月前に植えた種芋18個からは2,3しか出て来ていない。

こはいかに?

気を取り直してビーツの間引き。

最後にレタスやさやえんどうを収穫し、帰路に。

その足でスーパーへ。

10時半に帰宅後、大量の肉を小分けにしたり、下漬けしたり。

少しだけベランダガーデニングをしたら最新情報をチェック。

 

岸田首相がアメリカでジョークを飛ばしまくっている動画を見た。

バイデンのご機嫌取りしてる場合やないやろ。

宗主国アメリカからの要求に応えるために日本人が大量に犠牲になっている、というのに。

日本から搾取すんな!日本から出ていけ!くらい言って欲しいわ。

時刻は11時半。

昼食を用意。

 

お腹が満たされたら午後は戊辰戦争本。

上野戦争彰義隊について読んでいたらびっくり仰天な事実を発見。

江戸無血開城のあと、新政府軍大総督府は1868/5/1、以降の江戸市中巡察は新政府(薩長閥)が行うと通達。

その前は彰義隊が、更にその前は庄内藩がやっていた江戸市中巡察。

1867/10/14の大政奉還後から幕府を挑発する為に御用盗に江戸市中で強盗や人殺し、放火をやらせていた薩摩藩が今度はその犯罪を取り締まる側のお廻りさんに!?

は?

江戸市民も驚天動地!!

元犯罪指南役のお廻りさんとか。

誰が信じるねん!!

てか、恐怖やろ。

ま、その恐怖政治は今も続いているわけで。

幕府が消滅した時点で日本の主権は奪われたから。

明治時代からは日本人じゃない人が日本の政治を牛耳っている。

江戸時代で大和民族運営による国は終わりました。

真の日本史は江戸時代まで。

1867年12月の王政復古のクーデターからは英国史

ここからイギリスフリーメイソンによる日本支配が始まる。

 

 

17時から夕食作り。

竹の子ご飯、鶏ネギつくね、竹の子、根菜サラダ、昨日の牛すじ煮込み、ウォッカ梅酒ロック。

良く呑み良く食べた。

後片付けを済ませたら再び読書。

 

戊辰戦争本。

上野戦争彰義隊が敗れたあとその一部は振武隊を結成し飯能へ。

飯能戦争について調べていたらまたもや驚きの発見。

手毬唄の「あんたがたどこさ」の起源は戊辰戦争時の川越市なのだそう。

戊辰戦争時に熊本藩兵が川越市仙波山に駐屯。

「あんたがたどこさ?」「肥後さ」

「肥後どこさ?」「熊本さ」

「熊本どこさ?」「仙波さ」

「仙波山にはたぬきがおってな」

「それを猟師が鉄砲で打ってな」

「煮てな、焼いてな、食ってな」

「それを木の葉でちょっとかぶせ」

背景が戊辰戦争、とわかるとこの歌詞は何やら曰くありすぎやな。

取り敢えず、続きを読みますわ。

 

歩数計は6974。

充実した一日だった。